スイーツせんべい(檸檬・抹茶・蜜柑・藍苺)

フード

果実の香りと甘みをそのままに スイーツせんべい

明治の初めから煎餅一筋。
今、その150年の歴史に風穴をあける!
国産米100%使用、香料一切不使用の
果実の風味豊かな煎餅。

明治の初めより、東海道五十三次藤枝宿にてお煎餅を売って150年あまりの老舗煎餅屋「おたけせんべい本舗」(以下、おたけせんべい)。現在も、今では商店街となっている同地にお店を構えています。
おたけせんべいの象徴ともいえるのが、5枚の花弁をもつ梅の花の形を模した「おたけせんべい」です。原料には国産米を100%使用し、お米を粉にしてこね、型に取り素焼きしています。さくっ、ふわっとした食感に、ほんのりと甘く、お米の旨みを感じる素朴なおいしさのお煎餅です。
その始まりは、初代の天野たけさんが、藤枝宿に咲く梅に見惚れ、その花をかたどったお煎餅を焼いて旅人たちに振る舞ったことでした。以来、地元の方に愛され続け、「藤枝土産といえば、おたけせんべい」と言われる銘菓になりました。
なお、おたけせんべいの「おたけ」とは、天野たけさんの名前からとったそうでうす。昔は女性の名前の前に「お」を付けて呼ぶ習慣があり、「たけ」さんなので「おたけ」になったのですね。

●愛され続けて150余年、藤枝名物「おたけせんべい 」

おせんべいがところ狭しと並ぶ店内。目移りしちゃいます!

そして今、歴史ある煎餅屋は6代目の天野昌昭さんが受け継いでいます。以前は伊豆で音楽の教員をしていて、結婚を機に家業を継いだという異色の経歴の持ち主。加えて、フットワークは軽く研究熱心で、新しいことに挑戦したい天野さんは、今回、おたけせんべい始まって以来の新商品開発に取り組みました。その名も「スイーツせんべい」。お煎餅がスイーツに? と疑問を持ってしまいそうですが、食べれば納得。果実の風味をそのままに、さくっとした食感とほんのり甘い味わいの、一口サイズのお煎餅です。その姿は素朴で、少し丸みを帯びた花びらの形に自然で柔らかい色がのり、かわいらしく、ついつい写真におさめたくなってしまいます。でも、そんなかわいらしい見た目とは裏腹に、開発までの道のりはとても長く課題だらけでした。

●150年の歴史に風穴をあける! “今までにない煎餅”に挑戦。

昔ながらのおせんべい容器。老舗ならではです。

天野さんは、「歴史が長い分、煎餅の味というのは色々と出尽くしている。今までにない煎餅を作りたい」と考えていました。先代たちが作り続けてきたお煎餅は、安定したおいしさで150年もの間お店を守ってきましたが、流行の変化や嗜好の多様化が進む現代において、それに甘んじていていいのか? 天野さんは危機感を持っていました。また、いろいろな物を見て食べて吸収したいという強い探求心もあり、店にこもるばかりではなく自分の足でいろいろな所へと顔を出すようにしていて、そのような中、同市内のオーガニック農家さんと出会いました。
そのオーガニック農家さんでは、藤枝の土と気候を生かし、農薬等は使わずに、自然の環境下で野菜や果物、お茶など色々な農産物を、安全・安心にこだわり手間ひまかけて栽培されています。そこにあるのは、「ひと様の口に入るものだから本当に良いものを作ろう」という気持ち。天野さんはそのこだわりとやる気に感化され、「地元の農家がこだわって栽培したものを使って、おたけせんべいの新しい煎餅をつくりたい」思うようになり、開発に着手します。そして完成したのが、香料や上白糖以外の甘味料は一切使用していない、自然素材そのままの色と風味を生かした「スイーツせんべい」です。

●お煎餅をスイーツに! こだわったのは素材を感じられること

従業員さんが作ってくれたおせんべいのちりめん小物。かわいい!

「スイーツせんべい」は、花びらの形をした、さくっとした食感とほんのり甘い味わいの、一口サイズのお煎餅です。現在、蜜柑・檸檬・藍苺(ブルーベリー)・抹茶の4つの味が販売されています。香りは、お煎餅そのものからは強く感じないのですが、口に入れるととても香ります。びっくりするぐらい香るので、一度ぜひ食べてみてください!
この風味を出すまでには、2年にわたる研究、試作を重ねました。食べやすい厚さや大きさ、食感を追求し、そして何よりも、素材の味・香り・甘みをいかに損なわずに出すかにこだわりました。
例えば、果物系の「蜜柑煎餅」・「檸檬煎餅」・「藍苺煎餅」。果物の実や皮を乾燥・粉末にし、お煎餅にまぶすことで、それらの色と香り、味を出しています。聞いて驚いたのが、柑橘類は皮を入れるか入れないかだけでも風味が全く変わるということ。また、皮と果汁の配分量を決めるのがとても難しく、酸味や苦味が強く出てしまったり、香りがうまく出なかったりと、何度も試作を重ねました。
そしてまた驚いたのが、「藍苺煎餅」のブルーベリーの風味が、普段食べているブルーベリーの風味とは違ったことです。上品でさわやかな香りが口いっぱいに広がり、ブルーベリー本来の味はこんな味なんだ! と取材陣一同思わずうっとりしてしまいました。おたけせんべいではブリーベリーの粒を農家から直接仕入れて、自社工場にて乾燥、粉砕しています。ブルーベリーの爽やかな甘さと酸味は繊細で失われやすいため、加工して本来の味を出すことはとても難しかったそうです。
4つのうちの一つだけ、果物ではなく抹茶を使用した「抹茶煎餅」がありますが、こちらの茶葉も藤枝産。藤枝は昔から日本茶の生産地としても有名で、新商品開発にあたり地産のものを使いたいと思った時、お茶は欠かせないと思ったそうです。また、昔からお煎餅にはお茶が一緒に出されるように、2つは相性がいいですよね。ですから、このお煎餅も美味しくないわけないのです。しかも、抹茶の風味がしっかりと感じられる、味わいのあるお煎餅です。
そして、試作した味は4つで終わりではありません。例えば香りのいい柚子などにも挑戦しましたが、香りと甘みをお煎餅に閉じこめるのはなかなか難しく、商品化に至らなかったそうです。でも、一つがうまくいかなかったからといって、商品開発が止まるわけではありません。まだまだ試してみたい味はたくさんあるとのことで、今も開発は続けられていて、2016年の春には新しい味も出る予定です! 味が増える度に、お煎餅の花びらの色も5つ、6つと増えカラフルになっていくと思うと、待ち遠しい思いです。

●実は継ぐ気はなかった・・・・・・「老舗の6代目になる」までの道のり

天野さん夫妻。奥様の笑顔がとっても素敵です。この笑顔に支えられてきたんですね。

今では6代目としておたけせんべいを守る天野さんですが、実は以前は、継ぐ気はなかったそうです。小さい頃から、父や住み込みの職人さんたちが朝早くから夜遅くまで働いている背中を見て、正直、煎餅屋はやりたくないと思ったそうです。そして「自分は好きな音楽の道に進みたい」と、音楽大学へ進学。卒業後は伊豆で音楽の教員として働いていました。でも、実家は150年も続く老舗で、天野さん以外に継ぐ人はいない。このままでは廃業になってしまう・・・・・・悩んだ末、29歳のとき結婚を機に、おたけせんべいを継ぐことを決意しました。それからは、父や職人さんたちと同じように朝から晩まで働き、お煎餅について1から学び、6代目として経営も学び始めます。
「ほんと、継ぐかどうかは迷いましたよ。誰にだって、理想と現実の狭間で悩む時期ってあると思います。ただ音楽にしても煎餅にしても、特におたけせんべいは大量生産ではないから、一つのものを吟味して作ることができます。その作る喜び、できた時のうれしさはどこか音楽に通じていると思うことが多いです。京都などの職人さんや絵描きさん、書家、陶芸家など芸術家の友達が多いのですが、ものをつくる精神は煎餅作りでも生かされているように思います」と天野さん。職人のように芸術家のようにお煎餅を吟味して作っている、と聞くと固い感じがするかもしれませんが、天野さんは決してそんな感じはなく柔和なお人柄なんですよ。しかも、「もう48歳ですが、まだまだやりたいことは尽きないですし、新しいことに挑戦していきたいですね」と、意欲的な方でもあります。お話を聞くにつれ、おたけせんべいのストーリーと美味しさをもっともっとたくさんの方に知ってほしい、そう思わずにはいられません。

でも、煎餅屋は一人じゃできません。やはり家族と一緒に働く仲間は大事な存在です。
藤枝の商店街にあるお店を切り盛りするのが、天野さんの奥さまと店長さん。物静かで控えめな方たちなのですが、ひっきりなしに訪れるお客様の対応を笑顔でてきぱきとこなすその姿に、「縁の下の力持ちとはこういう方たちのことを言うのか!」と感心してしまいました。そして、工場で製造を担う女性の作り手さんたちや、作業場で黙々と包装やシーリングをする方たちも大切な人材です。
また、「スイーツせんべい」の開発にあたっては、天野さんの14歳になる息子さんも一役かっているそうです。天野さんの研究熱心なところを継いだのか、料理好きで味にはちょっとうるさいのだそう。天野さんも、子どもは正直だから、と試作品を作るたびに味をみてもらい、改良のアイディアにしているそうです。
お店も商品も、そして6代目という存在も、家族や家族同然の従業員さんたちの支えがあってのことなのですね。

●挑戦はまだまだ続く

昔ながらの店構えに、現代風にアレンジされたロゴ。

「昔ながらの『ほんのり甘いおせんべい』の製法があったからこそ、『スイーツせんべい』という新しい商品が作ることができた」と天野さん。150年かけて固められた土台があるからこそ、新しいことができるのですね。
なお、「スイーツせんべい」のパッケージとロゴは、今までずっと使ってきた元々のロゴを活かすようなデザインになっており、そこにも、先代たちへの尊敬と感謝の気持ちが込められています。

おたけせんべいのお煎餅はどれも手間ひまがかかるため大量生産はできませんが、だからこそ、こだわりの味を出すことができます。それは、小さなお店の強みを生かすということでもあります。今回の取材では一貫して「何を大事にし、どんな強みを生かすのか」という姿勢を見せていただいたように思いました。
「老舗、定番商品に甘んじることなく、新しいことに挑戦することで150年の歴史を存続させ、100年後も続く煎餅屋にしていきたい」。これからも天野さんの挑戦と探求は続きます。

フード

スイーツせんべい(檸檬・抹茶・蜜柑・藍苺)

  • 有限会社 おたけせんべい本舗
  • 〒426-0025 静岡県藤枝市藤枝4-1-16
  • 054-641-0979
  • otake416@gmail.com
商品名 スイーツせんべい(檸檬・抹茶・蜜柑・藍苺)
内容量 11枚
原材料 *抹茶…うるち米、上白糖、抹茶、食塩、醤油(大豆小麦含) *藍苺…うるち米、ブルーベリー、ブルーベリー果汁パウダー、食塩  *檸檬…うるち米、上白糖、レモン、レモン果汁パウダー、食塩 *蜜柑…うるち米、上白糖、みかん、食塩
容量・仕様 外寸/横幅7.5㎝×高さ15.0㎝
消費期限 30日
価格 324円(税込)
備考 直射日光・高温多湿を避け常温で保存してください。

この商品が購入できるWEBサイト

おたけせんべいホームページ http://otakesenbei.com/
スイーツせんべい紹介・購入ページ http://otakesenbei.com/?tid=2&mode=f4

この商品を友人や大切な人におねだりすることができます!

おねだりする

おねだり機能についてはこちらをご覧ください。

ヒロインレビュー ヒロインクリエイター、ヒロインサポーターによる商品レビュー

1枚手に取ると、2枚、3枚…と止まらなくなるおいしさ!
素材の味をそのまま生かし、上品でリッチな味。

どの味もそれぞれの良さがあるが、全てにおいてお米本来の甘みや風味が後からしっかりくる。
 
見た目・香り・味・触感・音、まさに『五感で楽しめるお煎餅』こそ、おたけせんべい本舗の新しいお煎餅なのだ。
 
蜜柑・檸檬・藍苺・抹茶 4種類の味がある中で特におすすめしたいのが、“抹茶煎餅”。
まず手に取った瞬間、抹茶の豊潤な香りがする。そして口にすると、点てたてのお抹茶を味わっているかのようなほろ苦ささえ感じる大人な抹茶の旨味が口いっぱいに広がる。
正直、甘めな抹茶スイーツをあまり好まない私にとって、このお煎餅は衝撃だった。
『これだったら、何枚でも食べられる!!』
 
この春に新しい味も出るもよう。
1つ食べたら全種類食べてみたくなるお煎餅。
ぜひ味わってみてほしい!
贈り物コーディネーター店長ブログ

大切な人への贈り物を、素敵にコーディネートします。 贈り物コーディネーター
店長ブログ

商品の掲載を希望される事業者様へ

地域に眠る逸品を素敵にコーディネートします。 商品の掲載を希望される
事業者様へ

↑ページの先頭へ